改善、カイゼン、KAIZEN

 製造業において、また間接業務でも、「改善」という言葉は、KAIZENという英語で世界に通用する言葉であるといわれます。また日本では、改善でなく「カイゼン」だとする人も見えますし、さらには、「TPS=改善」と思えるような書き方をしている例もあります。
 このように、人によって「改善」に寄せる思い・見方はたくさんあるようですが、英語圏の人に説明して一番すっきりとしているなと感じたのが、”continuous improvement" です。ちなみに、”continual” を使っていた例もみましたが、少しニュアンスが違うように思います。

 (社)日本経営工学会編の「生産管理用語辞典」の「改善」の項をみると、
 改善 KAIZEN, continuous inprovement 「少人数のグループまたは個人で、経営システム全体又はその部分を常に見直し、能力その他の諸量の向上を図る活動」と書いてあります。また、「改善の手順は、いわゆる、Plan-Do-Check-Actionの”管理サイクル”にもとづく」とあります。
 このように、KAIZENは、”continuous improvement"なんですよと説明するのが一番分かりやすいです。それで’=KAIZEN”と覚えてもらいます。「継続的な改善(日本語的には、改良でなく改善)」というわけです。そしてまた、”Neverending improvement"と言ったりもします。
 ある時理解を深めようと、”Neverending improvement"ですよ、皆さんも、”The Neverending Story”というタイトルの映画知っているでしょと話したら、その国では、公開されていないとわかる”落ち”でしたけれど。